顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

教職員のハラスメント問題

アカハラの意味

アカハラ(アカデミック・ハラスメント)についての明確な定義はありませんが、一般的に、大学等の学内で,教授や教職員がその権力を濫用して学生や配下の教員に対して行う嫌がらせ行為をいうとされています。

アカハラの具体例

教師対学生間
教師対学生間におけるアカハラの具体例としては次のようなものがあります。

1.講義を受けさせない
2.必要な研究費を与えない
3.学位論文を受理しない
4.論文指導をしない
5.専攻を変えさせる
6.合理的な理由もなく推薦書を作成しない

教師対教師間
教師同士におけるアカハラの具体例として次のようなものがあります。

1.必要な研究費を与えない
2.合理的な理由なく出張を認めない
3.研究テーマを無理に押しつける
4.研究会や学会に強制的に登録・参加させる
5.論文を共著にするよう迫る
6.合理的な理由もなく共著者から外す

アカハラの判断要素

次の要素があればアカハラに当たると考えられています。

1.学校等の研究・教育機関におけるものであること
2.学校等の研究・教育機関における上下関係を利用したものであること
3.相手方が精神的な苦痛を受ける言動であること
4.業務上又は教育・研究上必要な限度を超えたものであること
5.継続的なものであること

教職員のハラスメント問題に関する目次

1.教職員のセクハラ 意味
2.懲戒処分の具体例 3.セクハラと性別
4.顧問弁護士への相談 5.パワハラの意味 .  懲戒処分検討中の辞表提出
7.アカハラの意味 8.懲戒事由から長時間が
9.懲戒処分の可否・注意点
10.ハラスメントに伴う法的責任 11.懲戒処分の前提となる
12.保護者からの
         損害賠償請求等